Category: 転職

看護師の転職と一般の転職

転職が2度・3度と続くなんて、何か問題がある人なのかも…?そう思われるような世の中ですが、看護師は例外です。看護師は、3・4回の転職を繰り返すのが普通だと言われています。
一体なぜ看護師は転職を繰り返すのでしょうか?その理由をまとめました。

○看護師の不足
「看護師一人につき、患者○人まで」という法律の、○人の部分が少なく改正された結果、病院は慢性的な看護師不足に陥ったと言われています。
看護師が不足しているということは、供給よりも需要が増大しているということ。
そのような状況なので、よりよい条件を求めての転職が当たり前になっています。

○労働環境の改善・キャリアアップ
上記のように、看護師の需要はとても高いです。つまり、病院は看護師を雇うためによりよい条件を次々に提示します。
看護師は女性が多いので、育児休暇や託児施設などの充実から、給与のアップまで様々ですが、看護師はその条件を求めて転職を繰り返す風潮ができています。

上記のように、看護師の需要はとても高いです。つまり、病院は看護師を雇うためによりよい条件を次々に提示します。
看護師は女性が多いので、育児休暇や託児施設などの充実から、給与のアップまで様々ですが、看護師はその条件を求めて転職を繰り返す風潮ができています。
ここまでが、看護師への転職。
そして次は、一般の職の転職の基本です。
転職をするにあたって、再就職先を探す方法として2つの方法が挙げられます。
1つ目はハローワークを利用する方法、2つ目はインターネットの転職サイトを利用する方法です。

ハローワークを利用するメリットとしては、地元密着型の企業の求人を探すことができるという点です。
転職にあたって引っ越しができないとか、どうしても地元で就職したい、という人はハローワークの利用以外では転職先を探すのが難しいでしょう。
また、ハローワークに登録されている企業は素性が明らかな企業ばかりなので転職先としても安心ですし、ハローワークの職員に聞けば企業について書かれていない情報も調べてもらうことができます。

転職サイトを利用するメリットは、全国各地の求人が調べられることや、自分の希望に沿った企業を絞り込めるという点です。
また、ベンチャー企業の中にはハローワークには求人を出さずインターネット上のみで求人を出すというところも多いので、そのような企業への転職を希望している場合インターネット上での転職活動がメインになるでしょう。