あまり車を利用しない方におすすめのサービス

車

自家用車を保有するとなると維持費がかかるものです。

中でも車の保険や税金、駐車場代などは、
車に乗らなくてもかかってくるコストですよね。

ですから、普段はあまり車を乗らない人にとっては、
これらの維持費を払うのはもったいない出費だと思いませんか。

しかし、これらに支払っている費用がもったいないと思いつつも、
車があれば便利だから、という理由で所有している方も多いでしょう。

そんな方に利用してほしいサービスがあります。
それは、カーシェアリングといわれるサービスです。

カーシェアリングは車のレンタルとは異なり、
車を利用した分だけ料金を支払い、車を利用できるといったものです。

例えば、1時間程度、少し買い物にいくのに車を使いたい、
そんな使い方をしたい場合に最適のサービスですね。

カーシェアに必要な費用は、月々の定額費と乗った時間分の時間料金、
あとは移動距離分の費用のみです。

毎日車に乗らない人が車を所有するより、ずっと安く収まるでしょう。

カーシェアできるサービスは、
駐車場のタイムズが提供しているタイムズプラスが有名です。

外貨MMFの基礎

最近FXや株式取引よりも、外貨MMFに注目が集まっています。

外貨MMFとはManey Market Fundの略で、
日本国内で取り扱っている外貨商品の一つです。
具体的には、外貨で投資信託を運用する、というものです。

なぜわざわざ外貨で?というと、今の円安の状況で外貨に投資すると、
状況が好転したときに、必ず利益が出る!という確信があるからです。
また、外貨MMFではリスクを最小限にして長期の投資をすることを目的にしているため、
投資の対象は信頼性の高い、優良企業の社債や国債のみで、
元本割れする可能性がものすごく低いのです。

外貨MMFが人気な理由の一つに、少額からコツコツ始められるというのがあります。

外貨MMFは1000円からでも始めることができ、
地道に資産を増やしたいという人に人気があります。
今後の経済や老後の心配をしている、
今の日本人の気質に完全にマッチしていると言えますね。

また、土日と投資信託の定休日以外ならいつでも売買できるという気軽さも受けています。

ところで皆さん現在の銀行の預金金利はいくらかご存知でしょうか?
恐らく詳しい数字まではわからないと思います。
それはもう低い、低すぎる金利が設定されているからです。
多くの人は銀行に預金することを資産運用しているとすら感じないのではないでしょうか。

ただし、それは日本の銀行だけの話です。
国外に目を向ければ4%をこえる高い金利が設定されている銀行もあるのです。

…となれば、そこの国にお金預ければ良いのでは?と思いますよね。
まさにそれこそが外貨MMFなのです。

しかし良いことばかりでもありません。当然デメリットも存在します。
それをまとめると

メリット
・高い預金金利

デメリット
・円ではなく、その国の通貨で預金しなくてはならない

メリットは前述の通りです。次にデメリットについて簡単に解説します。

1年間預金して、100ドルが105ドルになりました。
しかし円が安くなってしまったために、円に戻すとお金の量が減ってしまいました。

…ということが発生する可能性があります。
当然逆に円が高くなり想像以上にお金の量が増えることも当然発生しうることです。

このことをしっかり念頭に置けば、外貨MMFは優秀な資産運用の手段であると思います。

kane

ローリスクな資産運用方法とは

資産運用

定期預金をしても全く利息がつかないのが
今の日本の現状です。

預金をするぐらいであれば、
生命保険の貯蓄型の商品を利用したり、
リスクはありますが、外貨投資や外貨MMF、
FXスワップなどで運用したほうが、
有効的に資産は増やせるでしょう。

ただ外貨関係の投資やFX、株などもそうですが、
リスクがある点がなかなか難しいところでしょう。投資に失敗すれば、
簡単に利益分どころか、資産も失いかねないからです。

ですから、ローリスクでありながらある程度リターンもあるものがないか、
そう考えるのは自然なことでしょう。

こういった要望に応えてくれそうな商品があります。
それはSBI債券といった金融商品です。

ノーリスクではありませんが、1年といった短期間での投資で、
利息は1.50%以上、大きい時は1.90%前後の利息が付いた金融商品です。

年に数回発売されるのですが、時期は未定、
発売されると売り切れになってしまう人気の商品でもあります。

リスクといえば発売元のSBIホールディングスが、
倒産してしまった時は元本保証がない、ということです。

倒産が全くないとはいえませんが、
SBIホールディングスは各付でいえばBBBですので、
まず倒産のリスクはないといえるでしょう。